東洋医学と美容

東洋医学とはよく耳にもするし、身体にも優しそうという印象の方もいれば、漢方の事?何となくしかわからないという方も多いのではと思います。

東洋医学とは

東洋医学の特徴は、人をホリスティック(全体的)な観点からみていく事で、心、肉体、感情思考、またはその人を取りまく環境などにもおもきをおきます。

一言で簡単に言うと、身体の自然治癒力を高めるために行うものです。
病気になったり不快な症状がでた時、身体の本来もっている力を引き出して改善に導きます。
そのため、未然に病気を防ぐ(未病)予防医学にも効果を発揮できます

西洋医学との違い

西洋医学との違いはをはっきりさせるとわかりやすいかもしれません。皆さんは病気になったり、不快な症状がでるとお医者さんにかかって、何の病気かみてもらいそれを治すためのお薬、点滴などをしてもらうと思います。

このように病気または不快な症状を取り除く、抑える、または悪いものができていたら手術で切除するとといったものが西洋医学です。

どちらがいい悪いでなく、それぞれの違った特徴を上手に使う事が大事です。

美容への効果

美容とどういうつながりがあるの?と思われるかもしれませんが、心または身体の状態は顔にとても現れやすいです。
症状もそれぞれで、顔色がくすんだり、しみが増えたり、肌のはりがなくなったりと様々なトラブルとしてでてきます。

そこで、サロンでは例えばお顔のお悩みであったとしても、必ず心身の状態をみて、その時にあったアプローチを「鍼」「お灸」「アロマテラピー」などで行っていく事で改善へ導きます。
毎回その方にあわせたオーダーメイドな施術です。

また自然治癒力をあげるということは、自らの力でトラブルを起こしにくくしたり、新陳代謝を高めるなどしてますます健康な美しさを手に入れる事ができます。

東洋医学を取り入れて、心身共に健やに美しく楽しく過ごしたいですね。